花工房ラ・ミディLAMIDE/あとりえドリーム/生花ブーケ保存・生花花束保存・生花アレンジ保存/生花を綺麗に残す/ドライフラワー・押し花・ガラスドーム・3D立体額・ウェディングフラワーブーケ

発送前の茎剥き出しクラッチブーケの保水方法

バークラッチブーケには茎を見せたクラッチブーケと茎の部分をリボンで包まれたクラッチブーケがあります。

リボンで茎の部分まで包まれているクラッチブーケはほとんどが中で保水されています。
茎を見せたクラッチブーケの場合は次のように保水をお願い致します。
【用意するもの】
ブーケ
アルミホイルorラップ
キッチンペーパーorティッシュ
ハサミ

クラッチブーケ 1.茎の下から1〜2cm切ります。
2.キッチンペーパーを水で濡らし、切り口を包み込みます。
クラッチブーケ 3.アルミホイルでキッチンペーパーを包み完成です。

茎の見えるクラッチブーケは劣化がとても早いです。
この作業をして梱包して頂けると劣化を防ぎ、綺麗に残させて頂きます。
※ご使用からお時間が経っていますと加工が難しい場合がございます。
その場合は有料追加料金にて似た花と差し替えのご案内させて頂きます。